看板の種類
ホーム 施工事例 看板の値段 種類別看板 会社紹介
HOME > 看板の種類

 

 

種類別看板製作の施工事例

種類別でまとめた看板工事施工例をご紹介します


拝み看板の施工事例
拝み看板の
施工事例
スタンドサインの施工事例
スタンドサイン
の施工事例


パネルサインの施工事例
パネルサインの
施工事例
フレーム看板の施工事例
フレーム看板の
施工事例


二柱看板の施工事例
二柱看板の
施工事例
パラペットサインの施工事例
パラペットサインの
施工事例


ポールサインの施工事例
ポールサインの
施工事例
袖看板の施工事例
袖看板の
施工事例


カルプ文字の施工事例
カルプ文字の
施工事例
カッティングシート切り文字の施工事例
シート切り文字の
施工事例


アクリルサインの施工事例
アクリルサイン
の施工事例
野建て看板の施工事例
野建て看板の
施工事例


シャッターサインの施工事例
シャッターサイン
の施工事例
木看板の施工事例
木看板の
施工事例


ステンレスサインの施工事例
ステンレスサイン
の施工事例
アイアンサインの施工事例
アイアンサインの
施工事例


カーサインの施工事例
カーサインの
施工事例
CGシートの施工事例
インクジェットシートの
施工事例

 

 

看板は、我々の日常の中であちこちに存在し、店舗や企業の顔とも言える存在です。目を引くデザインや情報を伝えるための重要なツールとして、さまざまな場面で利用されています。しかし、一言で「看板」といっても、実はその種類は多岐にわたります。それぞれの看板は、特定の目的や状況に合わせてデザインされ、施工されています。

このページでは、その多彩な「看板」の世界をご紹介します。拝み看板、スタンドサイン、パネルサインなど、さまざまな看板の特徴や、どのような場面で最も力を発揮するのか、そしてそのメリットやデメリットについて、わかりやすく解説してまいります。

看板選びで迷っている方、自店の看板を新しくしたい方、また単純に看板の知識を深めたい方は、ぜひこの情報を参考にしてください。

 

 

<拝み看板>

特徴:拝み看板は、二枚の看板を上部で繋いで立てることができる自立式の看板です。この名前は、看板の形が手を合わせて「拝む」姿に似ているから来ています。また、折りたたむことができるので、持ち運びや収納にも便利です。

メリット:一番のメリットは歩行者が非常に見やすいことです。低い位置での表示なので、目線の高さに近いところに情報があるため、ぱっと目に入りやすいのです。また、両面の看板であるため、来る方向の歩行者からも、行く方向の歩行者からも情報をキャッチすることができます。デザインの自由度が高いという点も魅力的。自由な形状やデザインで個性を出すことができます。そして、折りたたむことができるので、片付けや移動が簡単です。イベントやキャンペーン時に、一時的に設置する場合にも便利です。

デメリット:その一方で、車からの視認性はあまり高くありません。地上高が低いため、車の運転中には見づらいことがあります。また、広告や情報を大きく表示したい場合、拝み看板のサイズでは物足りないことがあるかもしれません。

 

<スタンドサイン>

特徴:スタンドサインは、その名の通り"スタンド"のように自立するタイプの看板です。多くの場所で見かけることができ、通常は一つまたは両面に情報や広告が表示される形になっています。

メリット:一番の魅力はその設置の自由度にあります。基本的に床や地面があればどこにでも置くことができます。特に店舗の入口やイベントの会場など、情報を伝えたい特定の場所での利用に適しています。また、一時的なイベントやキャンペーンの際にも取り入れやすく、後で撤去も簡単です。

デメリット:しかし、大きすぎるとその安定性に問題が出てきます。特に風の強い日には、看板が倒れてしまうリスクが高まります。これは、通行人への危険や看板自体の破損の原因となるため、サイズや設置場所、状況をよく考慮する必要があります。また、重いものや安定性を高めるための追加の装置が必要となる場合もあります。

 

 

<パネルサイン

特徴:このタイプの看板は、名前の通り平らなパネルの形をしており、壁や柱に固定して使用します。デザインや色、サイズもさまざまなため、目的や場所に合わせて選ぶことができます。また、耐久性のある材質を使ったものも多く、長く使えるのも魅力です。

メリット:取り付けがとても簡単なので、専門的な技術を持たない人でも設置することが可能です。また、コストパフォーマンスが高いのも大きなメリット。比較的安価で手に入れることができ、さらに長持ちするため、初期投資を抑えられます。

デメリット:デザインが平板のため、特定の方向からしか情報を伝えられないという欠点があります。これは、通行人や車の流れによっては見落とされる可能性があるため、設置場所の選定が重要となります。また、独立して立てることができないので、壁や柱など、何かに取り付ける必要があります。これにより、設置場所の選択肢が限られることがあるのもデメリットと言えるでしょう。

 

<二柱看板

特徴:二柱看板は、名前の通り2本の柱に固定されている看板で、しっかりと地面に固定されることで大きなサイズの看板を支えることができます。このタイプの看板は、都市の交差点や道路沿いなど、多くの人々や車が通る場所によく見られます。

メリット:その最大のメリットは、高さを自由に調整できるため、遠くからでも非常によく目立つ点です。適切な高さに設定することで、遠方からでもその広告や情報を伝えることができるのです。また、二本の柱のおかげで、風などの外部の影響を受けにくく、安定しています。

デメリット:しかし、一方でこのタイプの看板を設置するには、かなり広いスペースが必要になります。特に都市部では、設置スペースの確保が難しいことが多いです。また、設置や撤去には専門の機材や技術が要求されるため、初期費用やメンテナンス費用が高くなることも考慮しなければなりません。

 

<ポール看板

特徴: ポール看板は、名前の通り、細長い柱(ポール)の先端や中間に取り付けられる看板のことを指します。シンプルな構造でありながら、都市の中心や道路沿いなど、さまざまな場所で目にすることができます。縦に伸びるポールのおかげで、遠くからでもその存在を感じることができます。

 

メリット:ポール看板の最大の魅力は、そのスペース効率の良さです。狭い歩道や店舗の入口など、スペースが限られている場所でも設置が可能です。

また、高さを変更することで、視認性を調整することができます。これにより、遠くからでも情報を伝えることができる点も大きなメリットとなります。

また、ポール自体がシンプルなため、看板のデザインや情報が際立ちやすく、伝わりやすいです。

デメリット:ポールの強度やバランスを考慮すると、あまり大きな看板を取り付けることが難しいです。これが、ポール看板のデザインや情報量に制約をもたらすことがあります。

また、 高い場所に看板を取り付けるため、強風などの天候条件によっては揺れやすく、長期間の使用でポール自体が傾くことも考えられます。

また、地上高が高い場所に取り付けられているため、看板の情報を更新する際には専用の機材や工具が必要となり、手間がかかることがある。

 

<袖看板

特徴:袖看板は、文字通り建物の「袖」のように建物の壁から横に出ている看板です。多くの場合、都市や商店街でよく目にします。細長い形状が特徴で、歩行者や車の通行者の目線の高さに位置しています。

メリット:袖看板の最大のメリットは、その位置と形状から通りすがりの人々の注目を引きやすいことです。狭い通りや商店街では、他の大型の看板と比べても、袖看板は目立ちやすい。さらに、建物の入口付近に配置されることが多いため、店舗や事務所への誘導に非常に効果的です。

デメリット:一方で、袖看板は強風などの天候に影響を受けやすいのがデメリットです。特に、大きな袖看板や材質が軽いものは、強風で揺れることがあり、最悪の場合、落下や壊れるリスクが考えられます。そのため、設置の際にはしっかりとした固定が必要となり、定期的なメンテナンスも欠かせません。

 

<カルプ文字サイン

特徴:カルプ文字サインは、文字が3Dのように立体的に切り抜かれており、一般的な平面的な看板とは異なる印象を持っています。そのデザインがもたらす独特の影や光の反射が視覚的な魅力となります。

メリット:この立体的なデザインは、他の看板よりも存在感があり、人々の目を引きつけやすいです。特に、照明を当てることで夜間にも美しく輝き、24時間効果的な広告として機能します。

デメリット:しかし、その独特な形状とデザインから、製作には特別な技術や材料が必要となります。そのため、製作費は一般的な平面の看板に比べて少々高くなることが多いです。また、設置やメンテナンスにも手間がかかることがあります。

 

<カッティングシート切文字>

特徴:カッティングシート切文字は、特定のシート素材を精密にカットして、文字や図形を形成する方法です。これにより、スムーズなエッジやクリアなラインのデザインが可能となります。

メリット:この方法の一番の魅力は、独自性が高まることです。一般的な印刷とは異なり、カッティングシート切文字を利用すれば、シンプルながらも個性的な看板やステッカーを作成できます。また、耐久性が高いため、外部に長時間晒されても色褪せにくいのも大きなメリットと言えるでしょう。

デメリット:しかし、カッティングシートの方法では、グラデーションや写真のような複雑な色合いを直接表現するのは難しいです。シンプルな色使いやデザインが主体となります。また、カッティングの際には高い精度が求められるため、専門の機器や技術が必要となる場合もあります。

 

<シャッターサイン

特徴:シャッターサインは、商店やレストランの閉店時のシャッターをキャンバスのように活用した看板です。ペイントやステッカー技法を使い、鮮やかな色やデザインで店の特徴やメッセージを伝えます。都市部や繁華街では特に人々の目を引く存在となっています。


メリット:店が閉まっていても、シャッターサインは通行人に対して店の存在を知らせ続けます。夜間でも通行人の注目を集めることができるので、広告としての効果が絶え間なく続きます。 オーナーのセンスや店の特色を反映させることができるので、独自性を出すことが可能です。これにより、他の店舗と差別化することができます。

また、一度作成すれば長期間使用することができるため、長期的にみると他の広告よりもコストパフォーマンスが良い場合があります。

 

デメリット: シャッターの開閉に伴い、ペイントやステッカーが剥がれやすくなったり、色褪せを起こすことがあります。 定期的なメンテナンスが必要になる場合があり、その際のコストや手間が発生します。

また、一度ペイントやステッカーを施した後、デザインの変更や修正が難しくなることがあります。変更を希望する場合、再度のコストが発生する可能性が高いです。

 

<木看板>

特徴:木製の看板は、他の材質と比べて独特の温もりと風合いを持っています。その質感は、時間とともに変化し、木目や節が織りなすパターンが一つとして同じものはないため、オリジナリティが高まります。

メリット:木製の看板は、店舗や施設に自然でアットホームな雰囲気とエコフレンドリーなイメージをもたらします。その独特の風合いは、時間とともに色や質感が変わることで、独自のエイジングの楽しさを提供します。さらに、適切な手入れをすることで、長く使い続けることが可能です。

デメリット:木は直射日光や雨によって色あせや変色しやすく、湿度や虫害の影響を受けやすいため、定期的なケアが必須です。また、高品質な木材や特別な加工が必要な場合、初期の投資が高くなる可能性も考慮する点です。

 

<ステンレスサイン>

特徴:ステンレスサインは、その名の通りステンレス製の看板です。ステンレスの特性である独特の光沢と堅牢さを持ち、外観はとても洗練されています。

メリット:ステンレスの看板は、その光沢から高級感を持ち、訪問者や顧客に良い印象を与えます。さらに、水や空気に強く錆びにくい特性を持つため、常に清潔な状態を維持できます。また、非常に丈夫な材料で外部のダメージにも強いため、長期間使用することができます。

デメリット:ステンレスの加工は専門的な技術が要求され、そのため製作コストが高くなることがあります。また、他の材料に比べて重いので、設置や取り付けには特別な機器と計画が必要です。

 

<カーマーキング

特徴: カーマーキングは、車のボディに直接デザインや文字を貼る方法です。普段の移動を利用して、歩行者や他のドライバーたちにメッセージを伝える手段として使用されます。

メリット:走行中や停車時にも多くの人に目立ち、高い広告効果を持っています。さらに、一度貼れば継続的に広告として機能し、追加の維持費や更新料がかからないので経済的です。また、独自のデザインやメッセージで、企業や個人の特色を魅力的に打ち出すことが可能です。

デメリット:車の色や形によってはマーキングのデザインが調和しにくく、特に似た色の場合には見えにくくなることがある。さらに、マーキングを長く貼っていると跡が残ったり、直射日光や高温で色が褪せたり形が変わることが考えられるので、定期的なチェックとメンテナンスが必要です。

 

<インクジェットシートサイン>

特徴: インクジェットのプリンターを用いて、あらゆるデザインを紙やビニールシートに印刷し、その後、それを看板や壁、さらにはガラスや木材にも貼り付けることができる方法です。近年の技術進化により、鮮やかな色合いや高精細な印刷が可能となっています。

メリット: インクジェットプリンターの高精細な印刷技術により、細かいデザインや文字も鮮明に表示されます。これにより、看板や広告が一目で目を引くことが期待できます。 また、シートのサイズや形状、素材を自由に選択できるため、特定の場所や状況に合わせたオリジナルの看板を作成することができます。

デメリット:インクジェットで印刷された看板やシートは、直射日光や気象条件によっては色が褪せやすいことがあります。このため、長期間屋外に展示する場合は、定期的な点検やメンテナンスが必要です。

 

 

 


 

 

 

 

お仕事の流れ 業種別看板 当社のこだわり 看板のお話 店鋪デザイン 安い理由
    施工例 アルミサイン click 熊本 おしゃれなデザイン看板店伊藤店舗企画 マーク

熊本の看板屋 有限会社伊藤店鋪企画
メールアドレス
お問い合わせ